ゴールが追い掛けてくる世界同時スタートの大会ワールドランが滋賀で開催

ワールドラン

5月3日に滋賀県で世界同時スタートのランニング大会

Wings for Life World Runウィングスフォーライフワールドラン

というイベントがあるのを、雑誌で見つけたので
ホームページを覗いてみたところなんとも面白そうなランニングイベント
 

開催地

大会会場は世界6大陸、33ヶ国、35会場もあり、日本は日曜日の20時に滋賀県の高島市をスタート
うらやましいです。滋賀県近郊の方
 

大会ルール

通常のマラソン大会と全くちがいゴールを目指して走らず、スタートから30分後に時速15kmで
「キャッチャーカー」と呼ばれる車が追い掛けて来て抜かれた時点でランニング終了
しかも「キャッチャーカー」はだんだんスピードを上げて来るので、コースは100km用意されているそうですが、100km走りきる為には3分30秒ペースで5時間30分走り続ける必要があり、もはや人間には無理です。ちなみに5kmおきぐらいに給水所はあるそうです。
 
P-20140506-00315_News

どんなペース??

このページで「キャッチャーカー」にどれぐらいで追いつかれるのか計算出来ます。
 
ちなみに自分のペース1km6分30秒に設定したら12kmで終了
 
42km走るには3時間8分が制限時間なのでほぼサブスリーちなみに去年の優勝データをサイトで確認すると
 
なんと78.58km 驚くしかないです。
 

参加費は寄付

「走れない人のために走る」というスローガンのもと参加料は全て脊髄損傷治療法の発見に取り組む研究に資金援助を行う非営利団体「ウィングス・フォー・ライフ財団」に寄付されるそうです。
 
ワールドラン

大会詳細

ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン
日程     2015年5月3日
スタート時間 20時(協定世界時11時)
場所     滋賀県高島市
参加資格   18歳以上の男女で制限時間無し
募集人数   3000人(一般、車いす)
参加料    5000円(税込)
締め切り   4月26日(定員に達し次第終了)
 

大会結果

worldrun

昨日はレースの様子を、中継動画でリアルタイム配信されていたのでちょこちょこ見てました。
世界各地を中継していたのでなかなか日本が映らずにやきもきしましたが、渡邊裕子さんが56,33kmを走り女子の部で日本人初の世界チャンピオンになられたそうです。
 
日本発開催のワールドランですがなんとなく日本人が優勝するのでは?と思っていたのですごく誇らしいです。何もしてませんが渡邊裕子さん本当におめでとうございます!!
 
男子の部チャンピオンは2年連続でオーストラリア会場を79.9km走ったエチオピアのLemawork Ketemaさん自分の持つ記録を更新しての優勝 ものすごいプレッシャーだったと思いますが
おめでとうございます!
 

本イベントの参加料は全体で約420万ユーロ(約5 億6 千5 百万円)となり、その全額(税引後)と同額が、脊髄損傷の治療方法発見に取り組む研究に資金助成を行う非営利団体の財団「Wings for Life(ウィングス・フォー・ライフ財団)」の支援に使われます。

来年は5月8日(日)に決定しているみたいです。う〜ん参加したい。

大会の様子 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)