初めての雪山登山で深入山をスノーシューハイキング前篇

 
R0017543
念願の、そしてワクワクの
初めてのスノーシューハイクin深入山
(広島県山県郡安芸太田町 大字松原)に行って来ました。

友人と行く予定でしたが、
まさかの寝坊によりノーマルタイヤ2駆車のマイカーで単独行
道中の凍結を心配しましたが
戸河内インターを降りてから(いこいの村まで30分位)
少し足に力が入ったのは、いこいの村駐車場前の登り坂ぐらいです。
帰り(午前11時30分頃)にはすっかり溶けていたので
昼前からの行程であれば更に大丈夫そうです。
 
R0017679
駐車場に入ると左側に深入山のビューが拡がり、テンションマックス
いこいの村の受付でスノーシューをレンタルします。
名前、住所、電話番号を書いている間に受付の方が持って来てくれます。
ストックとスノーシューがセットで2,000円
ドッペルギャンガーのスノーシューでした。
3回レンタルしたら、新品買うほうが安い次回悩みます。。。。
 
R0017535
 
付け方は前2列のラチェットを締めて、踵をバンドで止めます。
スノボーのビンディングみたいな感じでカチッと
締まるので、うっ血するぐらい閉めたがる自分の場合は
登山中に外れる心配はなさそうです。
R0017542
 
スタート時のレイヤリングは
中間着     ノースフェイスのバーサロフトジャケットのフリース
ハードシェル  パタゴニアのトリオレットジャケット
ボトム     ユニクロのヒートテックを2枚重ねの上に
        ノースフェイスのバーブパンツ
R0017538
ペットボトルの500mを2本とカレーヌードルや大福背負っていざスタートです。
食う気満々ですが、頂上の突風にすぐ諦めました。
駐車場から3秒で登山口です(なんか嬉しい)
意気揚々とスタートしますが、思ったより前に進みません
当たり前ですが通常の登山と全然違います。
スノーシューが長いので踵がたまにカチャカチャ当たってしまい
スノーシューと雪道とアラフォーの闘いになると気づきますが
後ろからスノーボードを背負った若者が登ってきており負けたくないのです。
スノーシューの跡をトレースすれば楽な事に気づき
1人ラッセルを止めてから少し楽に登れる様になりました。

R0017556深入山という山は冬期以外もそうなのかも知れませんが自分の後ろも前も登っている人降りている人の位置が丸見えなので

安心感と焦燥感が同時につのる山です。
 
後編に続く
 

初めての雪山登山で深入山をスノーシューハイキング前篇」への2件のフィードバック

  1. 通りすがりの初心者

    雪山にあこがれてる初心者です。深入山で、スノーシュー。めっちゃ参考になりました。ありがとうございます!

    返信
    1. makita415 投稿作成者

      コメントありがとうございます!気をつけて登ってください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)