Rabのダウンジャケットは圧倒的に暖かい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
冬になってからずっとダウンジャケットを探していたのですが
1月にヤフオクでRabを発見。もちろん登山に興味を持つまで
Rabというブランドすら知りませんでしたが

 
Rabのブランドヒストリー
1981年にラブキャリントンさんによって設立されたブランドです。
イギリス人で始めてK2登山に成功した登山家のクライミングパートナー
としての経験などから従来の寝袋や衣類よりも良い製品の開発に成功
機能性はもちろんですが、カジュアルなデザイン性が
注目されるイギリスのアウトドアブランド
 
ヤフオク争奪戦に勝利し意地のゲット
170cm68kgのSサイズでジャストサイズです。
 
着甩の感想は、出品者様のコメント
 
『全体の重さは実測420gほどで850フィルパワーのホワイトグースダウンが
 約210g入っていてとても暖かいです。もちろん着るものによりますが、-10℃くらいであれば下にフリースを着て余裕で外で宴会ができます。僕は1月の南アルプスでこれを着て数時間外で宴会をしていました。』
 
その通りです。
 
前述したキャプリーン3の上に羽織るだけど
通常の街着としてはポカポカで過ごせます。
更になんといっても色が良いです。
ユニクロのダウンに同じ色が発売されない事を願ってやみません
去年から登山甩のウエアを集めてますが、服の機能性って
デザインに負けずおとらず大切な要素だと感じてます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)