パタゴニアキャプリーン3の登山ベースレイヤーとして着たインプレ 

44000_155
 

1,パタゴニアキャプリーン3購入のキッカケ

登山を始めると登山ウエアが気になります。サイトや雑誌を読んで聞く言葉
レイヤリングいわゆる重ね着です。中でもベースレイヤーと呼ばれる一番下に着るウエアについては結構悩みました。
 
ランニングもするので、ユニクロのヒートテックは12月10kmのゆったりジョグでも汗が乾かずにかなり不快になります。そこで選んでみたのがパタゴニアのキャプリーンです。

理由はよく読むブログの方が着ていたからという単純な理由です。パタゴニアのキャプリーンには1〜4まであるので少々悩みましたが、真冬の効果を実感したくキャプリーン3を購入。身長170cm体重68kgでASIAFITのLでピッタリです。アシーズブリッジの初売りで20%OFFで購入出来ました。
 

2,パタゴニアキャプリーン3のをランニングのインナーとして着用

 まずはランニングのインナーとして、仕事が終わって夜に走る事が大半なのですが

キャプリーン3の上にGYAKUSOUの薄手のランニングジャケットを羽織ります。

プラシーボ効果で暖かい気が… 1km7分強のゆっくりランナーなのですぐ汗は
かきませんが、あきらかにユニクロヒートテックとパタゴニアキャプリーン3は違いました。

8kmぐらいのジョグでしたが、結果から言うと汗で冷たくなる事もなく
非常に快適にランが出来ました。登山のベースレイヤーとして購入したキャプリーンですが、普段はランニングのインナーとしても活躍しそうです。
nike-undercover-fw12-gyakusou-collection-5

3,パタゴニアキャプリーンを登山のベースレイヤーとして 

次は本来の目的である登山のベースレイヤーとして、まだインプレするほど
登山はしてないのですが、1月の小雪ちらつく中に700mの低山のインナーと
して気温0度ぐらいだった思います。

この日はキャプリーン3の上にここでも登場
ユニクロのウルトラライトダウンにパタゴニアのハードシェルというレイヤリング
歩き出して20分位で、ユニクロのウルトラライトダウンを脱ぎます。
そこから山頂まで合計2時間ぐらいの登山でしたが、薄っすら汗をかく程度で

乾きも早く、いつもの下山後の不快感もなく非常に快適でした。

4,パタゴニアキャプリーンを日常用のインナーとして

もはやどんな状況でもインナーとして大活躍しているキャプリーンです。
2月後半から3月初旬に掛けては、夜の外出のインナーとして着用して
その上にRabのダウンやノースフェイスのバーサロフトジャケットを羽織れば
全く寒くもなく快適です。
トレランやご近所ランのインナーとしても活躍
買って良かったキャプリーン3という感じです。これから春に向けて只今
キャプリーン1を物色中なのでまたインプレします。
 
 
夏のランニングや登山に最適なキャプリーン1のブログはコチラ⇒クリック
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)