トレイルランニングシューズとランニングシューズの違い

R0017012

トレイルランニングデビューとして最初に登った山は、近所の三滝山356m、山頂まで40分ぐらいのコースです。

1,ランニングシューズで山を走った感想

トレイルランニングなので登りは無理ですが、下りと平坦な道はそこそこ走ります。

トレランシューズは持ってなかったので、いつもロードで履いているアシックスのランニングシュ

ーズGEL-NIMBUSで走ってみて感じた事は

ランニングシューズだと特に下りで良く滑る。

足がぐねってケガの危険性を凄く感じます

特にアウター側の踏ん張りが効かないのでよく滑ってやはり危険です。

更に下りだとその傾向が顕著に表れるので、ランニングシューズでトレランは向いてないです。

山から降りてトレイルランニングのシューズを買いに車で走ります。

スクリーンショット 2015-02-21 18.35.24
 
 

2、トレイルランニングシューズとランニングシューズの違い

最初のトレランシューズはモントレイルのマウンテンマゾヒストⅡを購入しました。
 
理由はなんとも言えないチープなデザインと他のモデルがあまりにゴツゴツしていて少し違和感を
感じたからです。
 
 
ロードからトレランに転向する場合はクッション重視のタイプが良いと店員さんに聞きます。
 
 
またランニングシューズで下りはかなり滑った事を伝えると、トレイルランニングシューズは
 
特にアウトソールのグリップ力が高いので踏ん張りが効くように設計されているそうです。
 
 
モントレイルのマウンテンマゾヒスⅡは試履きした時にクッション性もあり、
 
初心者向けでもあると店員さんからもオススメされます。
 
トレランバックもノースフェイスのマーティンウイングの10リットルモデルを
 
 
購入インスタントトレイルランナーの出来上がりです。
 
スクリーンショット 2015-02-21 18.33.43
 
 

3,トレイルランニングシューズで山を走った感想

 
マウンテンマゾヒストで、前回初トレイルランニングした山をもう一度走った感想は、
 
アシックスのランニングシューズNIMUBUSとは圧倒的にグリップ感が違います。
 
特に下りではっきりと判ります。
 
買って良かったトレランシューズという感じです。
 
 
最初は下りで爪先がガンガン当たるせいか痛かったので、モンベルのトレッキング用のソックスを履いて走るようにすると痛みが消えました。
 
トレランシューズは、軽登山でもガンガン履いて使えます。
 
 
通常のランニングで履いても問題の無い万能シューズですが、クッション性が高い分
 
アスファルトで走ると摩耗が早いそうなので山やトレイルで履くほうがよいみたいです。
 
 
最初はトレランシューズってゴテゴテした色使いが多いなぁと思っていましたが、
 
ハマるとそのデザインがカッコよく見えてきます。
 
普段履きの靴を何足か持つのは、普通ですがランニングシューズやトレランシューズの様に
 
用途があるものを何足か買おうとすると、家族の目が冷たいのはみんな同じでしょうか
 

次回はもう少し派手派手なトレイルランニングシューズを買いたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)