挟むだけ!ランニングの水分補給ボトルはシンプルハイドレーション

シンプルハイドレーション

 少しづつ暖かくてランニングに気持ちのよい季節になって来ました。あれだけ寒い寒いといってたのが、夏場になると冬の間に走りこんどけば良かったと後悔します。

 
夏場に向けてランニングの秘密兵器を二つ入手
 
一つはパタゴニアのキャプリーン、もう一つがシンプルハイドレーションボトルです。
 
 
 
シンプルハイドレーション
 

購入のキッカケ

 ランナーなら誰もが思う、ランニングはなるべく何も持たずにシンプルな格好で走りたい

 
しかし、情報化社会に侵された僕としてはスマホやipodなど何かを持ってる始末
 
 
それでも少しでもランニング中の荷物はシンプルにと考え、ネットで見つけたのが
 
シンプルハイドレーションボトル
 
 独特な形状をしているのが特徴で、写真の様にランニングパンツやウエスベルトに軽く引っ掛けて走ります。
 
 
100マイルマラソン、言わゆるウルトラマラソンの常連、自分的なトレイルランナー
 
あこがれナンバーワン選手の
 
 
アントン(トニー)クルピチカ選手が使っている姿にも一目惚れです。
 
 
クルピチカ
 

シンプルハイドレーションボトルのインプレ

実際にランニングパンツに挟んで、いつもの7kmコースを走ってみます。
 
確かに引っ掛けやすい格好をしているのですが、やはり挟んでいるという違和感はあります。
 
 
走りながら、一番しっくりくるポジションに移動させてからは馴染みましたし揺れません
 
 
他の方のレビューにあったアメリカ製品なので、個体差がありハイドレーションボトルに
 
 
よっては水漏れがあるとの事でしたが、問題ありませんでした。
 
今は水漏れ対策用にパッキン付きのキャップが450円で8カラー発売されており
 
飲み口もプラスチックからゴム製になっているので開閉が楽になったそうです。
 
 
 
1,内容量は(368ml)なので10km未満のランニングは多過ぎず少な過ぎずで丁度良い感じです。
2,ランニングしながらいつでもサッと取り出せて水分補給をした後にまた走りながら元に戻せる手軽さもこのボトルの良い所
 
 
水分を持って走れるのは、これからの夏場のランニング中の水分補給の安心感に繋がります。
 
 
 
シンプルハイドレーション
 

シンプルハイドレーションボトルのスペック

独自のフックシェイプを持った画期的なウォーターボトル
 
手にヒップにフィットするシェイプデザイン
 
53mmの大口キャップなので給水&掃除が簡単
 
全体の長さ:19cm 幅幅:6.5cm
 
容量 13oz / 350ml
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)