走るひとから学ぶ本気で生きること「Ingress イングレス」など

走るひと

走るひとに続いて2冊目となる走るひと2を買いましたので少しインプレを

UVERworldのボーカルTAKUYA∞さんインタビュー 

巻頭から走るひとのインタビューがあり、一人目がUVERworldのボーカルTAKUYA∞さんこれを読むまでバンドもTAKUYA∞さんも全く知りませんでした。ごめんなさい
 
がっ TAKUYA∞さんのインタビューはそれはそれはランニングに対するモチベーションがあがる内容です。
 
3年前から毎日10kmスタジオ作業が終わった後に走っている。これを自分に置き換えると毎日通勤ランで帰宅している事になります。
 
 
これは、出来ません。普通、絶対に続きません。
 
体力面、メンタル面、タイムマネジメントなど出来ない理由がつらつらと思い浮かびます。
 
TAKUYA∞さんが、毎日走って帰る姿をメンバーやマネージャーが見ていて、UVERworldを自分がどれだけ大事に思っているかが、走ることを通して
「何も言わなくとも伝わってる」
他にも、友人のプロボクサー井岡一翔さんの試合の応援をする為に、「お前のこと考えながら走ったから、頑張れ」軽い言葉だけじゃなく、50km走った記録と一緒にメッセージを贈ったり、友人とランニングバトルをしたり、本気で生きてるやつがめちゃくちゃ好きとの事
 
音楽が売れない時代でも、かっこいい奴がかっこいいことを歌っていれば認められる。
それがUVERworldのTAKUYA∞さんにとっては毎日走ることにつながる
 
しびれました。
 
TAKUYA UVERworld
 

真鍋大度さんインタビュー「Ingress イングレス」

走るときにオンラインゲームをしているそうです。「Ingress イングレス」というGoogleマップをベースにした陣取り合戦
 
まだ内容をよくわかってないのですが
 
近くの郵便局や神社をまわってスタンプラリーをするみたいな内容らしいです。何でも強者は、その為だけに夜登山をしたりするそうです。
 
そもそもGoogleアースの開発者の息子さんが、ゲームにハマって引きこもりになって何とか息子さんを外に引っ張り出すためにこのゲームを作ったそうです。
 
めちゃくちゃ面白そうなんで、使い方覚えてインプレしたいと思います。
 
ingress
 

まとめ

本気で生きるって、色々な定義があると思いますが
 
目的に向かって習慣を変えていくことだと、40男がまた気づかされました。何を積み重ねよう
 
 
通常のランニング本とは違う切り口でオススメの雑誌です。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)