村上春樹さんとGYAKUSOUの関係を知ったのでランのモチベーションが上がった

 
スクリーンショット 2015-02-20 19.35.42前回のブログでランニングを継続していく自分なりのコツを書いた。自分の中ではランニングのモチベーションを上げる方法として読書をすると言うのは相当大きい。

全ての読書ランナーのバイブルと呼ばれているかどうかは定かではないが、
村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」は間違いなく僕にとってはバイブルだ。この小説の一節にある
 
もし忙しいからという理由だけで走るのをやめたら、間違いなく
一生走れなくなってしまう。走り続ける理由はほんの少ししかないけど
走るのをやめる理由なら大型トラックいっぱいぶんはあるからだ
僕らに出来るのはその「ほんの少しの理由」をひとつひとつ大事に
磨き続けることだ、暇を見つけてはせっせとくまなく磨き続けること
 
僕のランニングにおける考え方の全てを表している。この一節は仕事や人生に置き換えても言い得て妙でもある。「ほんの少しの理由」しかないのに続けている事って
中々真似が出来ないので、イチローが言っていた様にとんでもない所にたどり着ける可能性がある。僕の場合はランニングは少々続けてもとんでもない所(まさかのサブ3)には一生縁がないが、100歳になっても走っていたらとんでも無い所にたどり着いているかも知れない。。。それがハワイとかなら嬉しいもしくは何らかの悟り
この本の存在を知るキッカケとなったのはアンダーカバーの高橋さんのブログ(逆走ダイアリーだったかな)です。高橋さんと言えばランナーでありGYAKUSOUのデザイナー(2015モデルも発売されました)GYAKUSOUの製品を村上春樹さんが着て走るというどうでも良い人にとってはどうでもいいが、僕にとっては重大ニュースを先日、他の方のブログで見つけました。ミーハーなんで「走ることについて語るときに僕の語ること」をまた読み直してGYAKUSOUのニューモデルを物色しようと思います。
 
スクリーンショット 2015-02-20 9.05.33
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)