ロードバイク乗りに糖質制限ダイエットをオススメする7つの理由

ロードバイクに乗り始めて、みるみる体重が減ったという話はよく聞きますし、 マラソンや筋トレなどもしかりです。 

僕もロードバイク歴が2年半

去年の8月から筋トレジムにも週2で通っています 。

その結果、体重は………. 

減りもしなければ増えもしない状態が2年近く続いてます。

この状況を打破する為に、2ヶ月前からついに取組みました。

糖質制限ダイエット 

その結果は…………….. 

2カ月でなんと71kgから64kgの  −7kg

糖質制限についてはちまたで様々な噂というか、ネットで調べても沢山のウンチクが出てきますが

本日のブログは2カ月間で僕が体験した。糖質制限ダイエットについて真実の覚え書きです。

1,糖質制限を始めると寝起きスッキリ。

はっきり言ってこの効果は感動でした。糖質制限を始めてから数日であきらかに目覚めが快適でスッキリしている事に気づきます。寝起き自体が悪いほうではないのですが、常に少し眠い状態でスッキリしない感覚がここ数年は続いていましたが糖質制限してからのスッキリ目覚めは凄いです。今までは寝る前に食べ過ぎて胃腸が休まらないからスッキリしないのかとも思いましたが、基本的に糖質制限してから食べる量を減らしていません。むしろ寝る前にもチーズやアタリメの様な糖質の少ないものはガッツリ食べてます。なので就寝前の食事と寝起きは関係ないと思います。糖質制限による寝起きの違いを体験して欲しいです。

2,糖質以外はガッツリ食べる。

先ほども書きましたが、食べる量は減らしてません。そこまで制限が必要であれば続いていなかったと思います。糖質以外はいくら食べてもOKのルールが最初は半信半疑でしたが寝る前のチーズやアタリメやジャーキーなどの間食をしても事実7kg痩せましたのでガッツリ食べても問題ないです。特に肉や魚は糖分が含まれてないのでたらふく食べても痩せました。

3,糖質制限中に甘いものが欲しくなったら

これも最初は半信半疑だったのですが、コーラゼロや特保のペプシなど糖質ゼロなので人工甘味料による甘さですが、甘さを欲した時は素直に飲めばいいと思います。全く太りません。人工甘味料は体に良い悪いと諸説ありますが、何でも飲み過ぎは良くないですが適量なら特に体に不調が出ることは体感してませんし、何よりたまに飲むコーラの甘さは至福の美味しさです。

4,糖質制限で味覚が変わる。

糖質制限を始めて味覚が敏感になりました。なぜかというとそれまでお米を美味しく食べたいが為に味の濃いものを好んで食べていたことに気づきました。ごはんのおかずとして考えるのではなく全て単品の食事として味わうからなのか、薄味の野菜なども以前より旨味を感じながら食べることが出来るようになりました。この発見も非常に大きかったです。そもそも野菜が苦手なのですが少しづつ美味しさが判って来た気がします。

Pexels / Pixabay

5,糖質はどこまで制限するのか?

根本的に糖質をゼロにするのは家族がいたり、付き合いや環境によっては無理だと思います。僕も家庭がありますので自分だけ糖質ゼロという訳にはいきません。しかし家族の協力なくしては糖質制限は出来ませんのであまり過敏になりすぎると嫌われます。基本的に昼も夜もごはんや麺類などは避けていますが、週末は楽しみとしてどちからは食べています。やっぱり麺類は美味しいですしお米にあうおかずも沢山あるので食べます。外食で糖質制限してしまうと行くお店がほとんど無くなり困ります。きっぱり止めたのはスナック系のお菓子です。これに関しては週末も食べる事なく我慢してます。誕生日の時に1回コンソメパンチは食べましたが‥

6,糖質制限の体調や精神面への影響は?

正直に言うと糖質制限を始めて2週間くらいは自分では気にしてませんでしたが、少し気持ちが不安定だったと思います。糖に対する禁断症状からなのか家族に言わすとイライラしていたようです。タバコを止めた時もそうでしたが、やめ始めはある程度そういった状態にもなると思うので特に家族には協力してもらう様にすると良いと思います。2ヶ月たちましたが痩せて体が軽くなった事もあるからなのか体調は絶好調ですし精神面でも落ち着いてます。

7,糖質制限を続けるのには?

僕が続いている理由の一つは、毎朝体重計に乗っているからだと思います。なんせ糖質制限は結果が出やすいので体重計に乗るのが楽しく前夜の我慢が報われる瞬間です。さすがに5kgを超えて痩せてくると周りから痩せたねって言われますので、それもモチベーションUPに繋がります。レコーディングダイエットという方法があるように毎日数字で結果を確認するって凄く大切だと思います。

8,ロードバイクと糖質制限は?

ヒルクライムは当然ですが、体重が軽い方が有利だと思います。いくらロードバイクを軽量化しても自分が重量化したのでは意味をなしませんが、近所の峠をヒルクライムした感想は凄く楽に登れる様になった気がします。タイム計測はまだですがもっとペダルを漕いで乗り込む事で将来の成果に繋がるとと思っていますので少しでも楽に速く走りたいローディーにはオススメです。更にツーリングでの補給は積極的に甘いものや炭水化物を取っています。

これがただでさえツーリング中は美味しいのに、

いつも糖質を我慢しているので100倍美味しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)