しまなみ海道はロードバイクの聖地なのか?

 
広島在住のローディーなのでしまなみ海道は当然、行ったことがあると思われがちですが、いつでもいけるという気持ちと広島市内から距離があり今だに、未トライでしたがしまなみ海道にチャレンジして来ました。
 
しまなみ海道

 

①しまなみ海道へはロードバイクをフェリーに乗せて

ブログを通して知り合ったローディーさんに甘え(しまなみ達人)ロードバイクを車に積み込んで頂いて、朝6時に広島市内を出発
 
しまなみ海道に向け、山陽自動車道の広島インターから尾道インターに向います。尾道インターを降り国道184号線を20分ほど車を走らせ約1時間30分ぐらいの行程となります。
 
海沿いにある駐車場に車を止めます。(1日止めて2,000円弱)はじめて知りましたが、しまなみ海道を渡るにはまずフェリーに乗って本土側の尾道から向島まで渡る必要があります。
尾道渡船フェリーの料金は自転車+大人1人で110円です。乗船時間も数分です。
 
しまなみ海道
 

②なにげに高低差のあるしまなみ海道

しまなみ海道は海沿いや橋の上などフラットな道を走るイメージしか持っていなかったのですが、吊り橋は上空に掛けてあり最初の因島大橋で50mの高低差となり、斜度は2〜3%ですが2㎞ぐらいのプチヒルクライムがそれぞれの橋によって発生します。
 
今回は帰りに制限時間ありましたので、大三島橋までしか渡りませんでしたが、ゴールの今治手前の来島海峡大橋は高低差100m近くあり最後の最後に泣きたくなりそうです。(1日で150㎞往復する場合)
 

③しまなみ海道の自転車神社で参拝

因島から生口橋を通り越して行くと大山神社(自転車神社)に行けます。サイクルスタンドも設置してあり、冷たいお茶とおしぼりも用意され色々な種類の自転車おみくじやお守りが販売されています。
 
ヘルメットに貼り付けの出来る小さいお守りと自転車おみくじを購入自転車の祈祷もしてもらえ、ヘルメットを着用したまま1台3,000円です。
 
 
しまなみ海道
 

④しまなみ海道グルメ

最初のグルメは道の駅 伯方SCパークマリンオアシス伯方の伯方の塩ソフトクリームを食べました。ローディーの為のアイスだと思うほど失った塩分とご褒美の糖分がしっかりと補給出来て超絶美味しい
 
昼飯は、道の駅伯方SCパークマリンオアシスにも伯方の塩ラーメンがありますが今治までの完走を諦めたぶん伯方島を奥に奥に攻めていき伯方の塩ラーメンの有名店「さんわ」さんで頂きました。
 
なぜか卵かけごはんとのセットメニューがあったので注文 素材の味を引き出している言葉どおりあっさり塩味の美味しいラーメンでした。
 
どこまでも食べ続けるのがローディーの宿命としまなみ海道のサイクリングの楽しみの一つなので、最後はデザートを食べにはっさく大福の本店へいざ向いますが大人気商品のため、即完売 タイミング良くお店にいく必要がありそうです。
 
後日また行きましたが、しおまち商店街にある有名コロッケ店、岡哲商店さんのほくほくコロッケと生口島にあるジェラート専門店のドルチェさんもしまなみ海道グルメの必須店です。
 
ドルチェ本店 (ジェラート)
住所 広島県尾道市瀬戸田町林20-8 
電話 0845-26-4046
営業時間 10:00-日没 年中無休
 
 
岡哲商店(コロッケ)
住所 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田517-4 
電話 0845-27-0568
営業時間 9:00-18:00頃(売り切れれば終了)不定休
 
 
因島はっさく屋 (はっさく大福)
住所 尾道市因島大浜町246-1(因島大橋公園内)
営業時間 8:00~17:00/定休日:月曜火曜
 
 
伯方の塩ラーメン さんわ
住所 愛媛県今治市伯方町木浦甲1650-1
(しまなみ海道:伯方島インター下車左折6km)
電話 0897-72-1211
営業時間 午前11時〜午後7時ラストオーダー 
     水曜日は午後5時ラストオーダー
 
しまなみ海道 トレック
 
 

④しまなみ海道総評

橋は最初は感動するのですが、個人的はだんだん何回も渡るとあきてくるので島にある山をヒルクライムするのも良いと思います。それぞれ色んな楽しみ方が出来る聖地です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)