#OTG_campは伝説の第1回となったので、まだまだ続く

行って来ました。#OTG_camp 自宅の前でゆるいキャンプをしよう的な感じでスタートしたのですが本当に実現しました。思考は現実化するそして言霊です。最終的には総勢9名プラス、夜のゲストと朝のゲストを入れると13名が#OTG_campに触れました。

写真grumpyさんより

合言葉はキャンプと言えばウインナー 18時に人生初のテント立てから伝説がスタートします。最初の伝説は想像の5倍の寒さとの終わりなき戦い キャンプど素人の自分は薪の量をお好み焼き1枚を4人家族で食べるぐらいの間違い注文このままいくと午前1時に凍死 あわてて木炭をコンビニで補給します。目の前のコンビニで補給できる所もすごい

そうこうしている内に、グランピーからエノピー君とスーパーペインターが2kgのウインナーと共に到着して食祭が始まります。ウインナーはイキナリ焼くのではなくスーザン・ボイル それから竹串に刺してウインナーを横っ面からイタダキます。いやぁ美味しかったです。ただしばらくウインナーと距離を置こうとも思いました。

キャンプと言えば本格的な天体望遠鏡 写真では伝わりにくいけど筒の部分はロベカルの太ももぐらいあります。なんとか天気が持ったのでクレーターがリアルに見えました。今まで写真で見てわかった気になってたけど、自分の目で見るのは違いました。感動しやした(*´∀`)

その後は焚き火を囲んでの語らいです。参加者の年齢差が20歳以上あったりしたので自転車以外の会話が噛み合いませんがそれが楽しい。焚き火から飛んでくる火の粉でアウターに穴が空くことが分かったので、次回からは穴が空いてもいい服にします(焚き火あるある)

待ちにまった就寝タイムです。寝袋界の最高級ブランドかどうかは不明ですがイスカのタトパニに包まれる時が来ました。ビビりな自分は貼るカイロをしっかり背中に、ダウンを着たままタトパニ入るとあきらかにあつお。こりゃ寝れると思ったのですが明け方は寒すぎて、家で布団で寝れるのって最高なんだなってやっと気づけました。

明け方の#ogt-campです。冷静に見たらビル群との近さが反逆的でなんかカッコいい。そしてこの後キャンプを伝説の第1回にしてしまう事件が起こりますが、文章にしたくないので直接会った時に聞いてください。

次回開催は5月13日にほぼ同じ場所で行ないますので、我こそはと思う軟弱シャレオツキャンパーの皆様お待ちしております。いつ来ていつ帰って何食べてもOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)