1泊分の荷物も入るノースフェイスのマーティンウイング10Lのインプレ

ノースフェイス マーティン10

ノースフェイス マーティンウイング10L購入のキッカケ

トレイルランニングを始めて、最初はクロムのバックパックで走りましたが当然、
背中のバタつきが激しいのでトレランバックを購入を決意
 

何が良いとかよくわからなかったので、ノースフェイスやモンベルやアルティメイトディレクションなどのメーカーのをトレランバック検索しましたがトレイルランニングの第一人者鏑木毅さんも背負ってたので、まぁ間違いないであろうと決めました。
 
16Lと10Lと6Lと購入を迷いましたが、日本人気質の自分は松竹梅で例えて10Lの竹を選びました。10Lもあればそこそこ着替えやその他の荷物も入るので、半日トレランがメインの僕には結果として良かったと思います。
 
寒い時期に1日トレランをさせる方には16Lぐらいないとキツイと思われます。トレラン以外に街中でのランニングにも使いたかったのですが実際に街中を背負って走ったのは一度キリです。(超速ランナーに見えそうで物怖じ)まだ使ってませんが確実にロードバイクの遠出も行けそうです。
 
ノースフェイス トレランバック
 

ノースフェイス マーティンウィング10Lで走ってインプレ

なんと言っても始めてのトレランバックなので、背負って走れるフィット感と想像以上に荷物が入る拡張性に感動します。マーティンウィング10Lの1番大きなポケットにどれくらい荷物が入るのか
 
半袖Tシャツが、丸めて9枚入りました。
 
写真は半袖Tシャツを9枚入れた状態で撮影しています。
 
フロントポケットに付いているX型バンジーコードにアウターも挟めますしウエストポケットにコンデジやスマホやジェルも余裕で入りかなり収容力が高いです。
 
肝心の安定感ですが、僕自身がピタッと背中に密着しないと気になるタイプですがノースフェイスマーティンウィングはウエストと胸の部分でカチッとホールドされて走っている時の揺れも気になりません。
 
サイドポケットに500mlのペットボトルを入れてトレランしてますがペットボトルの揺れも感じないぐらいです。
 
ノースフェイス トレランバック マーティンウイング
 
背中部分がメッシュになっていてイドレーションの残りが見えやすかったり、カギを無くさない様にフロントポケット内部にキークリップが付いていたり細かな工夫と気配りが満点です。
 
別売りのアクセサリーをつけて収納を増やせす事も可能なので自分なりのカスタムも楽しめそうです。個人的に凄く気に入っている部分はウエストポケットのジッパーの先が丸い円になっていてコンデジを取り出す時など、指が引掛けやすくて非常に便利です。
 
始めてのトレランバックとしては、充分過ぎる機能が付いてオススメのトレランバックです。
 トレランバック
 
 

ノースフェイス マーティンウィング10Lのスペック

【機能】
  ウェスト部分にストレッチメッシュを使用しフィット感向上
  エアメッシュで通気性に優れる背面
  背面にハイドレーションの残量が分かるメッシュウィンドウ
  オーガナイザーつきのフロントポケット
  ハイドレーションリザーバーの専用コンパートメント
  大型のジッパーつきメッシュウェストポケット
  フロントポケット内部にキークリップつき
  フロントとサイドにメッシュポケット
  X型のバンジーコードとリフレクター
  左ショルダーストラップにフラスクポケット
【重さ】 L/430g
【色】 (K)ブラック、
【大きさ】 S/33×19×12cm L/36×19×12cm 
【容量】L/10L
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)