40男が禁煙からフルマラソンを走るまでの短め備忘録③

tpsdave / Pixabay

いざマラソンの練習を始めます。
 

ラッキーなことに会社のすぐ近くに河川敷のサイクリングコースがあり
 
会社をスタートして橋まで行って折り返すと2kmという
初心者にとってありがたい距離のコースがありました。
 
 
早速、毎週木曜日の仕事終わりにマラソンの練習を始めました。
最初に走ったというか歩いた感想は「2kmって走るとめちゃくちゃ長い」
体感で言うと既に10kmマラソンを走った感じです。
 
 
フルマラソン走る人って「人間じゃない・・・」って普通に思いました。
 
 
 
40男にもなると、翌日もしくはその次の日に筋肉痛になるって良く言いますが
その瞬間に、筋肉痛
筋肉痛というよりも足のあらゆる部分が悲鳴をあげています。
 
 
その反面、何とか走れたという喜びもあり学生の時以来のマラソンでしたが
学生の時ほど、そんなにイヤではない自分がいました。
 
小さな事でも、妙に達成感を感じる志の低さも多大に影響してますが。。。。。
 
 
マラソン大会は11月
この時点が9月でしたのでタイムリミットは2ヶ月しかありません
 
 
 
ちなみに会社から10kmってどの辺りまで行けるのか
 
距離測で計ってみたら
なんと毎朝、車で20分以上かけて通勤している自宅までがほぼ10kmとわかり
 
 
 ゾッとします。
 
 
週1回の練習では、とても間に合わないと一瞬で悟りました。
 
 
ならば毎日練習←むりむりむりむり
2日に1回←むりむり
 
 
週に3回←何とか出来る範囲 
 
 
を目標に自宅のまわりも走り始めました。
 
自宅の周りでは、当然1人で黙々と走りますが
 
これが退屈でしんどい、あらためて健やかなる時も病める時も
 
 
仲間って大切だなって実感
 
 
マラソンを通して色んなことを40にして学んでいます。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)