カテゴリー別アーカイブ: エギング

槇田エギング始めるってよ

イカ釣りに行って来ました。結論から言うと今までイカ釣りをする機会を逃してきた自分をぶん殴ってやりたい

 

今回、イカとファーストコンタクトを取りに行ったのがとびしま海道

 

ロードバイク以外でとびしま海道に来る事になるとは思わなかったが、イカとロードバイクでとびしま海道は自分の中でサンクチュアリになった。

 

エギング童貞の僕は、同行のエギングマスターに竿の用意から仕掛けのセットそしてシャクリと呼ばれるエギの動かし方まで指導してもらう。

 

このシャクリが中々のもんで、隣で釣りしていた人の竿からはかなりのビュンビュン音がする。

 

まるで、高級ホイールのラチェット音のごとく竿の自己主張がすごい。

 

シャクリ初心者の自分の竿は、沈黙の艦隊

あと何回シャクるとあの音が出せるのか?

そもそもあの音が出せずにイカが釣れるのか?

 

いや焦るまい 、横のびゅんびゅん野郎はどうやら女連れ 求愛活動のひとつとして必要以上にシャクっているだけの可能性も高い

なぜなら奴はさっきから一杯も釣っていない

 

そんな中、同行のエギングマスターがさっそくイカを釣りあげた。アオリイカではなくコウイカだと残念がっていたがイカはイカですこぶる羨ましい。

 

昼間にSNSで友人から墨に気をつけてって言われ   はぁ??  って思っていたのだがコウイカの噴射力を見て次に会った時にあやまろうと思った。

 

人が釣れると俄然テンションがあがり、心なしかシャクリも加速する。そして遂にアオリイカとのファーストコンタクトを迎える事に

 

3回目のシャクリを始めた時に、あれっ?なんか少し重い? それと同時にドラグから糸が出ていくジージー音が始まった。リールを巻くと明らかに生物反応がある。

かなり動揺して、リールを巻くことに無我夢中

 

水面に浮かんできたアオリイカを見て

 

友人が  デカイ!!

 

急いでイカを防波堤から引き上げる為の魔法の棒を用意してくれている。

 

慎重に慎重にリールを巻いていたその時、一瞬糸がゆるんだ瞬間にイカがエギから外れユラユラと海の中へ

 

素人目でも見てわかるぐらい大きいアオリイカ、友人いわくキロ越え 逃した自分より友人のほうが悔しがっていた。

 

事の重大さに気づいてない自分は、逃した悔しさもあるがイカ釣れる!!っていう興奮もあり

 

一気にエギングの虜に

 

エギを考えたヤツ天才じゃねって思ったり、シャクリって相当しんどいんで腕の筋トレにもなるじゃんって思ったりあばたもえくぼ状態

 

もうすぐ秋のイカシーズンが終わることを知り来年の秋までちゃんと生きようって誓う。

 

その後に何とかアオリイカとコウイカを1杯づつ釣り上げることが出来た。自分としては十分な釣果

 

一夜明けて、早速ユーチューブでシャクリ方の動画を見たがあそこまでビュンビュン言わしている動画にはまだ出会っていない

 

やはり求愛活動だったのか?

 

これからのエギングライフで確かめたいと思う