作成者別アーカイブ: makita415

カプセルホテルに泊まると日常への感謝が止まらない理由。

先日カプセルホテルに泊まったことにより、家族や地球への感謝が溢れ出した日記です。

 

宿泊したカプセルホテルは、外観にステッカーチューンがほどこした様な外観。受付で館内の説明を受けながら、次から次へと来る宿泊客の受付プレッシャーからほとんど理解出来ぬまま「ハイッハイッハイッ」と答えてしまった。どうやら部屋に荷物が持ち込めないので、自分の指定ロッカーに荷物を入れておくシステム。

 

ロッカーに荷物を入れながらどこで着替えるの?って思っていると、おもむろに隣の男性がロッカールームの通路で着替え始める。なるほど通路で着替えとは、効率的かつ「お前のちっぽけなプライドなど捨ててしまえ」というカプセルホテル側からのメッセージ性を感じる。

 

第1弾の激しい後悔が右脳と左脳を同時に襲うが、カプセルホテルに辿り着くまで雨にふられ少し濡れていたので、宿泊客用のユニフォームに着替えて地下にある温泉へ。実はネット予約した時に、この地下温泉を楽しみにしていた。確かホームページにはジェットバス、ミストサウナ、人口温泉などと書いてあったはず。

 

温泉の扉をいざオープンすると

 

中学の部室ですか? 

 

温泉=のびのびというイメージを持っている自分が悪いです。カプセルホテルというスペースを最大限に活用する仕組みで、お風呂だけがのびのび広いとかそんな無駄な設計をするわけがない。むしろ一貫性のある図面を書いた建築デザイナーをほめたい。

 

効率的であるが故に、見知らぬおっさんとあと少しで肌が触れ合いそう。ジェットバスの噴射は、ジェットという単語を使っている全ての物体に謝ってほしいレベル。ひょっとしてジェットの勢いで宿泊客を回転させる為の仕組みなのではないだろうか?少なくとも自分は全身をジェットの速さで洗い、湯船からジェット噴射よろしく飛び出した。

 

裏切られても期待通りじゃなくても、次こそは次こそはと期待するのが人間として正しい生き方。実はもう1つの楽しみがあって、その名もリラックスルーム。確かホームページにはドリンク無料でマッサージチェアがあり漫画も読めるくつろぎの空間と書いてあった。

 

エレベーターを降りて、いざリラックスルームへ。今年こそ同僚から誕生日プレゼントをもらえるんじゃないか?ぐらいの顔はしてたと思いますが「そこまで期待してないですよ」ふうの振る舞いで

 

いざリラックスルームの扉を開くとそこは

 

われわれは罪を犯したんでしょうか?

 

 

薄暗い部屋でかなりの数のおっさんがテーブルに座って無言で漫画読んでいるカオス空間。もちろん誰もクスリとも笑ってはいない。リラックスどころかむしろ緊張感さえも感じる。みんな漂流教室を読んでいるのか?リラックスルームを1周回ってみたのだが、絶妙な薄暗さと京都の鴨川よろしく一定の空間でマンガを読むおっさん。自分も正真正銘のおっさんである事を忘れ、無料ドリンクもそこそこにカプセルルームへ。

 

4Fでエレベーターを降りて、自分のカプセルへ向かうとどうやら自分の巣は2段カプセルの2階部分。ちょっと待てよ… ひょっとしてここはカプセルホテルではなくて、自分は宇宙飛行士でスペースシャトル内部で充分なスペースが確保出来ずにカプセル型のベッドで明日の任務に備えるべく休息を取ろうとしているんではないのか?それ以外にここのスペースで寝る理由が思いあたらない。

 

シーンと静まり返ったシャトル内で1人のクルーが地球とコンタクトを取り始めた。何か重大な話しのようだが部下への説教のようにも聞こえる。長いしつこい終わらない。長旅で疲れた他のクルーがカプセルから出て行く気配を感じた。地球とコンタクトを取っているクルーにめがけて

 

さっきからうるせぇよ 

 

なんと的確な発言。ギラついた瞳でマンガを読んでいたおっさん達の恐怖を知っているだけに、とてもじゃないが自分には言えない一言。彼こそシャトルのキャプテン。火星だろうが土星だろうがなんならブラックホールでもお供します。静寂を取り戻した艦内で、明日のミッションを思いながら眠りにつく。そう一刻も早く地球に帰りたい。

 

朝目が覚めて、冷静に艦内を見回してみると寝ぐせ直しのスプレーがあったり、荷物をかけるフックがあったり小さな気配りがすごい事に気づいた。このシャトルは色々と計算され尽くしている。確かに通路で着替える必要はあるし、全てが狭い。ただし安い。出張の日当が浮かせ宇宙手当としてお小遣いにも出来る。サラリーマンの大いなる味方であるのは間違いない。

 

カプセルホテルで眠れずに疲れがとれなかったなどと聞くが自分は全然問題なかった。むしろ朝きちんと目が覚めた嬉しさにいつもより元気なぐらいだ。自宅のベットや家族に感謝の気持ちが溢れ出してくる。

 

当たり前のことを当たり前と思わない。そんな事が学べるカプセルホテル

 

しばらくやめておこうと思います。

ローディーでエギンガーでブロガー

コウノドリが面白いとやっと気づいたmakitaです。子供が生まれるって奇跡です。女性をあらためてリスペクト

今日は10数年ぶりに買ったルアーがAmazonから届きました。相変わらずルアーって男をドキドキさせる。 続きを読む

ロードバイクそれはPUNKISDEAD

今朝、玄関でタイヤに空気を入れてたんですが何やらシューっという異音がする。ちょうど嫁が洗面所でドライヤーをかけていたのでドライヤー音であってくれとの願い虚しく あきらかにタイヤから空気が猛烈な勢いで抜けていた。わが家の玄関をグラベル玄関と名づけました。 続きを読む

映画を4本観てから思い出した脳に限界がある話

週末に久しぶりに映画を4本観た。エイリアン2とドライブ、22年目の告白、アウトレイジ最終章、振り返ってみると全てに共通するのが、人が殺される映画という事に後から気づいた。 続きを読む

読まず嫌い王にはならないようにR帝国について

中村文則さんという作家さんの教団Xっていう小説をアメトークの読者芸人で推薦されてて、読もう読もうと思ってたのですが、その本のアマゾンのレビューがクソ過ぎるのと結構なボリュームで宗教の話しもメンタルツライかもと思って躊躇していたら 続きを読む

ロードバイクと人生に共通する大切なもの

今朝はグランピーさんのMTB試乗会が自宅まえを流れるotg(太田川)で開催されていたので顔を出しました。イベントの前に近所の峠を登ってから颯爽と汗ダクで会場入りしたけど誰にも気づかれる訳ない 続きを読む

肉食ライドin 戸河内ふきんの川沿いで BABY BABY

今宵はじめてエイリアンを見ようとしているmakitaです。友人達が2以外は見なくてよいと言うので気がラクになりました。それはさて置き本日は戸河内へ肉食ライドに行ってまいりました。 続きを読む

忘れないために

僕等はいずれいなくなる一人一人づつ星になる。わかっちゃいるさ知らねぇさ今はただ此処で笑ってたいだけさ 自転車に乗ってどこまで行こうか 風に揺られてどこまで行こうか

友人が亡くなった。ブログに書くことかと思うけど自分が逆の立場なら書いて欲しいと思う。 続きを読む

革命のファンファーレを読んで若い人達ごめんなさい

ロードバイクに関係ないことばかり書いてたら普通にアクセスが下がってきたmakitaです。ただ書きたい事を自由に書こうと思ってるんでそうします。 続きを読む

めぞん一刻の感想とかオススメの漫画本

雑読っていう言葉があるのかは知りませんが、割といろんな種類の本を読みます。最近はまってる方法が人にオススメの本を聞くこと 特にマンガだとそれぞれオススメの漫画の一つや二つはある。 続きを読む