ロードバイクのペダリング上手になる為に、やまめ乗りを勉強します。

今月の200㎞ライドで、最も辛かったのは、両足外側の痛み。最後はトップチューブをまたぐのさえ悶絶する状態。たんにロードバイクの乗り込みや練習量不足だと思っていましたが、先日200㎞を共に走破した方に「ペダルの引き足が真っ直ぐ引けていない」と教えてもらいました。

詳しいことを文字で説明するのが難しく

ペダリング

ようするにペダリングが下手です。

ペダリング上達のために必要なのはケイデンスを知ることだと教わり、ガーミン500Jでケイデンスを確認するためにアマゾンで

をポチりました。

取り付けは簡単 クランク部分にゴムバンドでケイデンスセンサーを取り付けてガーミン500jと同期するだけ 人に聞いても本を読んでも90ぐらいのケイデンスが目安の様です。今の踏み込みまくりのペダリングから、クルクル回すペダリングへ移行する機材的な準備は整いましたので、後はペダリング技術の取得です。

そしてその悩みを察知されたかの如く、Facebookで知人から、神のお誘いが

やまめの学校

やまめの学校 in広島  座学編5月6日

猫背禁止、引き足不要、コーナーでの外足荷重厳禁!常識を覆し、話題騒然の「やまめ理論」が、さらに進化しました。痛い、苦しい、おじぎ乗りができない原因は、身体の使い方にあったのです!コーナリング、下り、立ちこぎのノウハウも満載。多くの自転車乗りの悩みを解消する目からウロコの、自転車授業が始まります!

引用させて頂いたのはやまめの学校の主催者である堂城さんの著作、自転車の教科書の説明文です。「やまめ乗り」と言われ、従来の常識を覆す「より楽に、より速く、より安全な」乗り方を座学で教えて頂く機会が広島であります。学校そのものは長野県安曇野市にあるので本来ならば長野まで行って授業を受けるのですがまさかの広島開催 内容はまた座学が終わりましたらブログで報告したいと思います。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)