読まず嫌い王にはならないようにR帝国について

中村文則さんという作家さんの教団Xっていう小説をアメトークの読者芸人で推薦されてて、読もう読もうと思ってたのですが、その本のアマゾンのレビューがクソ過ぎるのと結構なボリュームで宗教の話しもメンタルツライかもと思って躊躇していたら

新刊で教団Xと同じテイストの表紙でR帝国ってのが発売されていた。帯に書いてある「朝目が覚めると戦争が始まっていた」というキャッチに誘われ

Amazonで即ポチって、三連休初日に届いたんで読んだんですが、はっきり言って

クソ面白い

ツッコミ所は多々ありそうなんだけどスピード感があって自分好みかもしれないが文体が読みやすい

村上龍のコインロッカーベイビーズみたいな感じを受けた。

そして文庫化された教団Xも昨日買った。

好きな作家や映画監督や漫画家が増えるって人生が楽しくなる一つの要素なんで、とりあえず興味持ったら読んだり観たりふれている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)